江東区猿江の個人ピアノ教室「やのピアノ教室」

s-onpu432


  • ピックアップ

ピアノを弾くと頭が良くなるってホント?

ピアノを弾くと、HQが高まることがわかっています。
HQとは、人間性知能のことです。
わかりやすく言うと、社会性や協調性、高度な思考力などをコントロールする知能の事。

【HQの主な要素とは?】
・未来志向的行動力
将来への夢や計画など、目的を持って、適切に努力する能力。

・社会関係力
理性、思いやり、協調性などを身につけて、社会でうまく生きる能力。

HQが高い人は、人間性が豊かで、社会的にも成功し、恋愛や結婚生活もうまくいく。
そして、病気にもかかりにくく、健康で長生きする。
また、自ずと学力も高くなる、といわれています。

幼児期にピアノを弾くことによって、
このHQが向上して、脳の構造も発達する事が、実証されています。

●なぜ、HQの向上にピアノが良いの?

ピアノは他の楽器と比べて、以下の特性があります。
①両手を並列的に複雑に動かす
②見た楽譜を一時的に記憶しながら、その情報を引き出して演奏する
③次に弾くところを先読みする
④暗記する

このような事が、ワーキングメモリのトレーニングになります。
さらにHQの向上につながっていくのです。
ピアノを弾くことで、期せずして脳トレができているわけですね。

ちなみに、研究結果によると、塾、習字、スポーツなど他の習い事の中でも、「ピアノ」が一番。
スポーツ、勉強、将棋や囲碁など、余暇の過ごし方の中でも「ピアノ」が一番効果がある。
このような結果がでています。

●臨界期は?
いつまでに始めると効果的なのかを、臨界期といいます。
5~8歳ごろまでが一番効果的。
といっても、20歳ごろまでは十分効果があります。
もちろん高齢になっても、子供の頃程でなくても効果が出るそうです。

●脳全体の活性化
ピアノを弾く時の脳の状態は、
①楽譜を見る
視覚野が活性化します。
楽譜の情報が、脳の深部にある記憶を司る部分に伝えられて、音符が意味を成す。

②音符の意味を理解する
前頭前野では、見た音符をどう表現するか、体をどう動かすかを決定する。

③情報が運動野に伝えられる。
前頭全野での決定に基づき、情報が運動野に送られる。
運動野から全身の筋肉に指令が送られ、ピアノを弾く動作が生み出される。
その時、小脳の自動運動の仕組みを使うので、指を見なくても演奏できる。

④出た音を聴く
聴覚野では情報が前頭前野に伝わります。
目的通りの音が出たかのチェックと、必要に応じて次の音に関する変更の決定などが行われる。

このように、ピアノの演奏をする時には、脳全体が活性化します。
ですから、ピアノを弾くと頭が良くなるといわれています。

ピアノを学んで頭を良くしましょう〜!




Pagetop