プロフィール

現在、自宅にて個人ピアノ教室を開業し、3歳からご年配の方まで、多くの方々と日々出会い、ピアノ講師になれた喜びをかみしめつつ大好きなお仕事をさせて頂いている私ですが、順風満帆にここまで来たわけではありません。

ピアノを始めたのは千葉に住んでいた4歳のころでした。自分から母に、習いたい、と言ったそうです。小さなころの夢は、『ピアノの先生』か『小学校の先生』毎日コツコツと練習を重ねていました。

IMG_0817最初の転機が訪れたのは、中1の時です。

父の転勤で引っ越しした福岡でついた新しい先生に勧められ、音大進学を意識するようになりました。受験のための楽典、ソルフェージュ、といった勉強を始めたのもこの頃です。

高1の時には、福岡から上京して音大の受験生向け夏期セミナーに参加する、など、『このまま音大に行くのかな~』と漠然と思っていました。

ところが、高2の時、父の再度の転勤で、再び千葉に戻ることになりました。(第2の転機です。)
音大を受験するなら、新しい先生について本格的に準備を始めなければならない、となった時、ふと、このまま音大に行って良いのかな?と疑問がわいてきました。

丁度その頃、いろいろと魅力的な事が出てきて進路に迷っていたこともあり、こんな気持ちではとても音大になんていけない!とピアノのレッスンを中断してしまいました。

その後、映像関係の大学に進もうとするも両親の猛反対にあいあえなく断念(それ程の情熱ではなかったんですね。)

結局、立教女学院短期大学の英語科に進学しました。

そうして落ち着いてみると、やはりムクムクとピアノを弾きたい気持ちが湧き上がってきたんです。
そこで、再びレッスンを再開してみたら、なんと楽しい事。
やっぱり、これがやりたかった事だったんだなぁ、と実感しました。

短大を卒業して就職する際も、ピアノの練習時間を確保するために、
地元の生命保険会社に就職。
音大を出ていなくても、グレード試験に受かっていればピアノ講師になれることもある、という情報を聞きつけ、猛勉強の末、講師資格を取得。
念願のピアノの先生(カワイ音楽教室の講師)になることができました。

その後、出産、転居のため、カワイは退職しましたが、
子供のおともだちの指導を頼まれたことから、自宅にてピアノ教室を開業しました。
現在は、自分のピアノのレッスンはもちろん、様々な指導法セミナーなどに通って勉強を続けつつ、日々、楽しくレッスンさせて頂いています。

今後は、ますます指導力を上げつつ、生徒さん一人一人の心に寄り添い、成長の助けになるようなレッスンをしていきたいと思っています。
また、これまで、知り合ったとても熱心なピアノの先生仲間にいっぱい助けられてきたので、その恩返しもできるような情報をこちらからも発信していける人になりたいと思っています。

 

a

千葉県出身

4歳からピアノを始める
立教女学院短大 英語科卒業

元カワイ音楽教室講師
元スズキメソッド準講師

1999年より、2001年まで、岡田事務所に所属し、
セレモニー等のシンセサイザー奏者を務める。
その時期に、クラシック、ポピュラーに限らず、
ジャズやシャンソン、童謡、歌謡曲、
懐メロや軍歌に至るまで、、
幅広いジャンルの曲を演奏する機会を得る。

これまでピアノを石戸洋子氏、相澤聖子氏、多喜靖美氏に師事

現在はピアノ演奏、および指導法を多喜靖美氏、室内楽を清水醍輝氏、篠崎由紀氏、金子詠美氏に指導を受ける。

1995年より、ピアノ教室主催 現在に至る
指導歴 20年
これまで指導した生徒は延べ100人以上にのぼる。
現在も、定期的にピアノ個人レッスン、室内楽レッスン、指導者セミナーなどに通い、研鑽を積んでいる。

2008年『ピアノランドマスターコース第10期』終了
2009年8月『コーチングピアノレッスン中級過程』終了
2011年6月『ピアノランドコード塾第3期』終了

・全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)指導者会員
・ピアノランドメイト会員

問い合わせバナー

return-bt-5-red

EsVnqK0upqFnbsb1422621971_1422623473 江東区 猿江にあるやのピアノ教室の講師が主にピアノの事に関して綴っているブログリンク 無料体験 お勧めする理由バナー コース案内バナー プロフィール ご質問 コンタクト

ピックアップ

カテゴリ

このサイトを検索

Copyright(c) 2015 江東区猿江の大人のピアノ教室 やのピアノ教室 電話 090-9680-4992 All Rights Reserved.
脱毛と医療レーザー FXってそもそも何?