感性を磨くとは

音符ビッツセミナーに行って来ました

 

今回は『感性を磨く』というタイトルでの川崎紫明先生からの講義の後、大型の音符ビッツを使ってのレッスン練習をしました。

 

紫明先生の『感性を磨くには』というお話では、ベートーベンの散歩道のお話に触れられ、

 

ベートーベンは日々散歩しながら作曲の着想を得ていた。

 

先生自身も毎日公園を散歩しているが、自然に触れる事、それを繰り返す事で疲れも癒されるし、五感を養う事にもつながる。

 

五感を適正に養成していくと、いつか第六感、直感力の働きが出てくる。

 

訓練の日々の繰り返しがある瞬間を通って感性になる。

 

というお話でした。

 

適切な刺激や訓練の繰り返しにより

 

心と脳と身体をバランスよく育てる事で、

 

感性も磨かれていく、という事ですね。

 

お気軽にお問い合わせください。受付:平日9:00ー20:00(日祝休み)
お問い合わせメールフォーム